所長の日記
石川英夫法律事務所 ご挨拶・弁護士紹介

ご挨拶

 初めまして。当法律事務所のホームページを開いていただき、誠にありがとうございます。所長の石川英夫でございます。

 当事務所は、法律問題でお困りの方に対し、悩ましく・辛く・悲しく・腹立たしいトラブルを、適切に・迅速に・親身に・ご納得していただけるように解決をし、 新しい幸せな未来に向けて再出発していただくための手助けをすることを心がけています。

 当事務所は、平成2年に私が開設し、平成20年まで、弁護士は私一人の事務所でしたが、平成21年から、新進気鋭の若い弁護士一人と共に、二人で活動をするようになりました。そして、平成23年からは、さらにもう一人、若い弁護士が参加して、三人体制となりました。私も、駆け出し弁護士であったころの気持ちを取り戻し、一所懸命に、困っている人々の手助けをして、社会正義を実現し、些かなりとも社会に貢献したいと思っています。どうぞ、ご気軽にご相談ください。

 

石川英夫法律事務所

弁護士紹介

所長弁護士 石川英夫

弁護士登録年 昭和63年4月

取扱分野 弁護士業務全般

平成13年度千葉県弁護士会副会長

 

 私は、主に、民事事件・家事を取り扱っています。事案が複雑であるとか、先例が乏しいなど、法律構成が重要な事件を得意とします。

 私にとって、最も想い出深い事件は、通行地役権の民事裁判です。平成10年11月27日に、最高裁判所の小法廷の上告人代理人席に立って、荘厳な雰囲気の中で弁論をしたときの高揚感は、記憶に鮮明に残っています。この最高裁判所判決は、最高裁判所判例集第52巻9号1975頁に掲載されています。

 刑事事件は、被害者との示談が必要となる傷害事件、強制わいせつ事件などを得意としています。最短で、夕方、被疑者と接見して受任し、その夜のうちに被害者らと示談を成立させ、翌朝、検察官と交渉し被疑者を釈放させて、実質一日で解決し、依頼者である被疑者を帰宅させたことがあります。

 某地方公共団体の顧問業務は、通常は取り扱わない分野の相談が多く、回答書作成を楽しんでいます。

 

所長弁護士 石川英夫

 

辮護士 石川さやか

弁護士登録年 平成22年12月

取扱分野 弁護士業務全般

 

 平成22年12月に弁護士登録しました。

 法律相談、訴訟事件、家事調停・審判、民事調停、自己破産、刑事事件などに取り組んでおります。

 相談をお聞きして、依頼者の方々から、「相談して気持ちが軽くなりました。」「今後どうなるのかと不安でしたが、見通しが立って気持ちが楽になりました。」などと言われる時が、弁護士としてやりがいを感じる瞬間です。

 法律を通じて、依頼者の方々の人生が少しでもより良い方向へ向くように誠心誠意取り組んで参ります。

 是非一度ご相談下さい。

 

辮護士 石川さやか

 

勤務弁護士 栗田武

取扱分野 弁護士業務全般

 

勤務弁護士 栗田武

 

 

▲ページトップ